介護保険とは、

1割の自己負担で、さまざまな介護サービスを受けることができる「介護保険」ですが、 利用する施設や要介護度によって、費用の限度額や受けられるサービスが異なります。

介護保険とは、40歳以上の人が加入する強制保険です。65歳以上で介護や支援が必要になった場合に 介護保険サービスを受けることができます。また65歳以下(40歳以上)でも、 初老期の痴呆や脳血管疾患など老化が原因とされる16種類の病気(※)により要介護・要支援と認定された場合は、 介護保険サービスを受けることができます。介護サービスは一割の自己負担で受けることができ、 残りの9割は介護保険から賄われます。

老化が原因とされる16種類の特定疾病

  • 初老期における痴呆症
  • 脳血管性疾患(脳出血、脳梗塞など)
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • パーキンソン病
  • 脊髄小脳変性症
  • シャイ・ドレーガー症候群
  • 糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息など)
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • 慢性関節リウマチ
  • 後縦靭帯骨化症
  • 脊柱管狭窄症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 早老症(ウエルナー症候群)
  • 小児癌を除く末期癌

関連記事