介護サービスとは、

介護サービスは、基本的に、施設に入所して受ける「施設サービス」と、自宅にいながら受ける 「在宅サービス」に分けることができます。また、要介護度によっても選べるサービスは異なってきます。

介護サービスを受ける対象者

介護保険サービスを受けることができる人は、市区町村から要介護・要支援の認定を受けた方です。 平成18年の4月から、要介護認定は以前までの6段階から、要支援1〜2、要介護1〜5の7段階になりました。

老化が原因とされる16種類の特定疾病

区分 認定基準
要支援1 食事や排泄など、生活行為はほぼ自力でできるが、何らかの支援が必要な方
要支援2 食事や排泄など、生活行為はほぼ自力でできるが、要支援1の状態よりも支援が必要な方
要介護1 食事や衣類の着脱など概ねひとりでできるが、日常生活で何らかの介助を必要とする方
要介護2 食事や衣類の着脱は何とかひとりでできるが、排泄や入浴などの生活行為に介助を必要とする方
要介護3 排泄や入浴に全面的な介助を必要とし、食事や衣類の着脱にも介助が必要な方
要介護4 食事や排泄など、生活全般に全面的な介助が必要な方
要介護5 全面的な介助がなければ、生活全般が不可能な方

※注 平成18年の4月から、介護保険の一部改正により、予防重視型の制度へと転換されました。 改正介護保険では、軽度の要支援者が要介護にならないように介護予防を重視し、 自立を促がすための「新予防給付サービス」が実施されています。

関連記事