介護タクシーと福祉タクシー

利用者をドアからドアへ輸送できるというタクシーの利点を活かして、 身体障害者や高齢者など、移動に大きな制約を伴う人々を利用対象としたタクシーが介護・福祉タクシーです。

介護タクシー

介護タクシーの乗務員は、ホームヘルパー2級以上の資格を持っていて、 送迎や乗降する際に介助を行う事ができ、病院内でも付き添うということが可能です。
介護タクシーの乗務員が、利用者の着替えや外出の支度なども手伝うことができ、 介護タクシーの料金は、介護保険適用の対象となります。

福祉タクシー

福祉タクシーでは、身体障害者の方が外出する際に利用するのが一般的で、 介護保険適用外のサービスになります。ホームヘルパーの資格を持っている乗務員もいますが、 ホームヘルパーの資格を持っていない乗務員の場合には、介助サービスは行えません。
福祉タクシーでは、ストレッチャーや車椅子の取り扱いについて研修などを行っているため、 乗降などについては安心して利用することが出来るようになっています。

関連記事