(.+?) 療福祉・老人ホーム・介護施設ディレクトリ登録|GuestPlace>医療福祉用語の解説

内科とは

内科は病気や軽いけがをしたとき最初に患者が受診する診療科である。
病気やけがの原因を的確に判断し、初診患者にもっとも適切な医療を受けさせるための診察を行う医療機関で、 初診患者にもっとも適切な医療を受けさせるための診察を行う。
風邪や腹痛、頭痛、ちょっとした切り傷など、頻度の高い日常的な病気やけがは内科の医師が治療するが、
ときには思わぬ原因で引き起こされている病気やけがも少なくなく、そのような場合、 他の診療科で診察を受けるべきと医師が判断した場合、その専門科に紹介するのも内科の重要な務めである。
内科は、消化器内科をはじめ、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、血液内科、腎臓内科、内分泌内科など 数多くの専門に分化している。最近はこうした専門分化による弊害も目立ってきたことから、 内科としての役割が大きく見直され、あらためて本来の内科を受けもつ総合診療部(科)などの 看板を掲げる総合病院や大学病院が近年では増加している。

内科 関連カテゴリ

登録カテゴリへ
ページの先頭へ
---right---