(.+?) 療福祉・老人ホーム・介護施設ディレクトリ登録|GuestPlace>医療福祉用語の解説

生命保険とは

生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、 契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。
日本では生命保険会社がこれを取り扱っており、これとほぼ同様の商品として、郵政民営化以前に日本郵政公社が 行っていた簡易保険や、農協や生協などの共済事業の中で「生命共済」の名称で取り扱われているものがある。
損害保険の扱う傷害保険に似ているが、損害保険の要件とされる「急激・外来」の条件に拘束されない点で異なる (但し、特約として傷害保険を含む場合もある)。生命保険は、一般に(出生直後などを除けば)年齢とともに高まる病気や 死亡の危険を保障するための仕組みであって、外来の事故のみを保障する傷害保険とは技術的根拠が本質的に異なっている。
また生命保険では、統計に基づいて、年齢ごとの死亡率に応じた保険料を設定することで、 保険会社が受け取る保険料と保険会社によって支払われる保険金が均衡する仕組みになっている。 契約者が支払う保険料は、年齢ごとの死亡率に応じた保険料の合計を 期間全体で平準化した金額となるのが一般的である。
生命保険会社では、他にも貯蓄や老後の保障といった幅広いニーズに対応するため、 「財形貯蓄積立保険」や「個人年金保険」などの商品を取り扱っているが、これらも広い意味で生命保険と言える。

保険法上の定義

2008年5月30日に成立し、2010年4月1日より施行の保険法では、生命保険契約については 「保険契約のうち、保険者が人の生存又は死亡に関し一定の保険給付を行うことを約するもの (傷害疾病定額保険契約に該当するものを除く。)をいう。」(2条8号)と定義している。

基本的な保険商品のモデル

生命保険商品は極めて多岐にわたるが、 その多くが死亡保険と生存保険の組み合わせによって設計されている。

死亡保険

保険期間の間に被保険者が死亡したときにのみ保険金が支払われる。 純粋な死亡保険の代表例が定期保険である。定期保険は満期保険金が無いので、 満期時までに全ての保険料収入を死亡保険金として支払う設計になっている。そのため、 責任準備金は満期時にはゼロとなり、保険期間を通じても一般にそれほど多くはならない。

生存保険

被保険者が満期時に生存しているときに保険金が支払われる。 終身年金はある種の生存保険である。年金支払開始から1年後に生存していれば1回目の年金が、 2年後に生存していれば2回目の年金が…と、複数の生存保険が合成されたものと考えればよい。

生死混合保険

死亡保険と生存保険を重ね合わせたもので、被保険者が死亡したときには死亡保険金が、 満期時に生存しているときには生存保険金が支払われる。 養老保険は上記死亡保険と生存保険を1対1でブレンドしたもので、 保険期間中に死亡したときと満期時に生存しているときに同額の保険金が支払われる。 また、終身保険は養老保険の保険期間を生命表の生存者が0になった時点に伸ばしたものである。 その時点は会社によって異なっており概ね105歳付近が理論上の満期となっている。 現在多種多様な保険商品が開発、販売されているが、その多くはこれらの保険を適宜組み合わせたものである。

保険 関連カテゴリ

登録カテゴリへ
ページの先頭へ
---right---